ニコレットでレッツゴー禁煙!

パイプと紙巻タバコとニコレットのメリット

タバコを吸うのが好きな人は、世界中にいます。
しかし、タバコの害がクローズアップされてからは、喫煙者の数は減ってきています。
喫煙者の中には、タバコの量を減らそうとして、紙巻タバコを止めてパイプにする人もいます。
しかし、タバコの葉の量は減っても、体内に吸収されるタールやニコチンの量はそれほど変わらないので、健康に対する悪影響という意味では、紙巻タバコもパイプも同じなのです。
タバコを止めたいと思っている人は多いものの、実際に禁煙しようとすると、禁断症状が出ます。
禁断症状は、ニコチン離脱症状ともいいます。
タバコを吸うと、血液中のニコチンの濃度が急に上がります。
そして、ドーパミンが脳内に分泌されます。
ドーパミンが脳内で分泌されると、その時は満足感を得ることができます。
しかし、30分もすると、ニコチンの濃度が半減するため、イライラなどのニコチン離脱症状が起きるのです。
禁煙によるニコチン離脱症状は、禁煙を開始してから1週間くらいでピークに達します。
ニコチン離脱症状に有効なのが、ニコチン置換療法です。
ニコチン置換療法は、タバコに含まれているニコチンを、喫煙以外の方法で置換え、ニコチン離脱症状を軽くしていきます。
日本でニコチン置換療法というと、ニコレットが有名です。
ニコレットには、無理なく禁煙できるというメリットがあります。
意志の力だけで禁煙することは困難ですが、ニコレットを使えば離脱症状が緩和されるので、吸いたくてイライラすることもなくなってきます。
禁煙は、最初の1週間で離脱症状を軽くできるかどうかが、鍵となってきます。
ニコレットのホームページには、1週間チェックシートがあり、プリントアウトして活用することができます。